mini6_title.png

FSWミニろくとは、富士スピードウェイのレーシングコース・ショートサーキット・カートコースを転戦するミニバイクの6時間耐久レースです。
競技専用ライセンスなどをお持ちでなくてもミニバイクと6時間走れる仲間が居れば参加可能です。
1年間に5大会あるので、全戦出場してシリーズランキング争いをするも良し!気軽に1回出場するも良し!
ミニバイクファンのみんなで富士スピードウェイの3つのコースを堪能しませんか?

2018年シリーズ概要
ラウンド 開催日程 コース 参加料(税込) 募集台数
第1戦 3月17日(土) ショートサーキット 42,000円 40台
第2戦 5月12日(土) カートコース 32,000円 20台
第3戦 7月15日(日) レーシングコース 67,000円 140台
第4戦 9月9日(日) カートコース 32,000円 20台
第5戦 11月18日(日) ショートサーキット 42,000円 40台

コースの紹介

レーシングコース

全長4563mのサーキットでハイスピードなレースが繰り広げられるコースです。
約1.5kmのメインストレートに加えて、高度なテクニカルコーナーを配置。平滑性を追求した路面、
ランオフエリアの拡張など、安全面でも世界トップレベルを実現しました。
ミニバイクではメインストレートからダンロップコーナーまでアクセル全開の区間も多いですが、
その後は登りコーナーが連続しているので繊細なアクセル操作も必要になります。

ショートサーキット

ABCと3つのコーナーで構成されており18通りのコースレイアウトを組むことができるサーキットです。
ミニろくでは全長867mのA1-B3-C2のルートでレースを行います。
一見、単純そうなコースに見えても路面の高低差や起伏もあるので簡単に攻略することはできません。

カートコース

レーシングコースをイメージして作られた全長520mのミニチュア版富士スピードウェイです。
ミニろくのコースの中では最も短いコースですが、10個のコーナーがあるのでミニバイクで走るのに楽しいコースです。